トップページ > 完熟マンゴー

摘みたてブルーベリー

more

01
完熟マンゴーとは?

完熟マンゴーとは?

完熟マンゴーとは、実が熟した頃に収穫するのではなく、実が熟しきって、ヘタのところから自然にポトンと落果するのを待ったマンゴーのこと。つまり、「限界まで甘く熟したマンゴー」なのです。色も真っ赤で綺麗です。 完熟したマンゴーからは、ツーと甘い蜜が垂れています。それを柔らかい布で丁寧に拭き取り、皆さまの元へお届けしています。

完熟マンゴーは室温保存。

とっておきのフルーツが届いたら、すぐに冷蔵庫に入れなきゃ!という気持ちはわかります。でもちょっと待って!冷蔵庫での長時間の保存は、味が落ちていってしまいます。 完熟マンゴーは食べる時間にあわせて、冷蔵庫で冷やしておきましょう。 それまでは、直射日光が当たらない、リビングのテーブル等に置いてふんわり香るマンゴーの良いにおいを楽しんでくださいね!

02
マンゴー農家が教える
マンゴーの美味しい切り方

完熟マンゴーとは? まずヘタのある方を切ります。 種の位置がわかります。 種の位置にあわせてゆっくりと3枚おろしの要領で切ります。
完熟マンゴーとは? 包丁を立ててマンゴーの皮を切らない程度に食べやすい大きさに、さいの目切りをします。
完熟マンゴーとは? 両手で両端を持って裏を返す要領でめくりますと…
完熟マンゴーとは? ご覧のように、さいの目状に仕上がります。 スプーン、フォーク等でお召し上がりください。

03
完熟マンゴーができるまで

10月〜1月

12月〜2月

マンゴーの木は温度管理が重要です。寒いこの時期の管理によって開花状況が左右されます。また、枝によく太陽があたるように手入れをします。

1月~2月

12月〜2月

1月に入ると、徐々に花が咲き始めます。花が咲いたら、受粉をさせます。

3月~4月

12月〜2月

暖かくなってくると、豆サイズの実がたくさんつきます。受粉した実を見分けて、それ以外の実を摘果します。こうすることで、果実に養分を集中させて、より大きく甘いマンゴーになります。

4月

12月〜2月

残った実はどんどん大きくなり、赤紫色になります。重さで枝が折れたり、風で実を傷つけてしまわないよう、紐で枝を吊り上げます。マンゴーは水分が大好物なのでたっぷり水やりをします。

5月〜6月

12月〜2月

大きく育ったマンゴーにネットをかけます。完熟すると自然と枝から落ちるので、受け止める役割をします。

7月〜8月

12月〜2月

マンゴーが完熟すると、甘い良い匂いが漂ってきます。一日に数回見回りをして、ネットに落ちた実を収穫します。完熟の証、蜜を丁寧に拭き取り、梱包・出荷します。

04
完熟マンゴーお取り寄せ

ブルーベリー画像

ブルーベリー画像

ブルーベリー画像

05
濃厚!完熟マンゴー商品

ブルーベリー画像

ブルーベリー画像

当園の完熟マンゴーを、自社の加工場でジュースにしました。完熟マンゴーの果汁がたっぷり入っているので、炭酸で割って飲んだり、マンゴーゼリーにするのもオススメです。

ブルーベリー画像

ブルーベリー画像

当園の完熟マンゴーを、自社の加工場でジャムにしました。完熟マンゴーをふんだんに使い、果肉をたっぷり感じて頂けるジャムです。ヨーグルトに混ぜたり、アイスにのせると絶品です。

06
今年のマンゴー最新情報

2021年6月マンゴーの生育状態

今年のマンゴーの生育状況です。 あともう少しで完熟します。 真っ赤になってネットに落下したら、出荷されます。 今年もご期待ください !!

農園日記

養蜂の越冬

今年養蜂に挑戦中です。 毎年マンゴーの受粉用に西洋蜜蜂を借りて受粉していましたが、今年から養蜂に取り組んでいます。 毎日試行錯誤を繰り返して

マンゴー記事一覧へ

トップへ戻る